目次

  1. 業務用のオーダーカーテンを選ぼう
  2. カーテンの種類とひだについて
  3. 質感にこだわりたいオーダーカーテン
  4. イージーオーダーとフルオーダーが選べるオーダーカーテン
  5. 一度は試したいオーダーカーテン
  6. オーダーカーテンは依頼の状況による

業務用のオーダーカーテンを選ぼう

業務用のオーダーカーテンの販売価格は、おおむね十万円程度に設定されることがありますが、信頼度の高い京都の店舗の取り扱い商品の特緒不を早いうちからチェックすることがおすすめです。

最近では、コストの負担の少ないオーダーカーテンの選び方について、若者向けのメディアで度々話題となることがありますが、少しでも分からないことがあれば、熟練のスタッフからアドバイスを受けることが肝心です。

そして、業務用のオーダーカーテンのデザイン性の高さやクリーニングの方法などを理解することで、いつでも安心して行動をすることができます。

カーテンの種類とひだについて

カーテンの種類によってはひだが入る物もあります。

また、薄い布のカーテンはひだが入りやすいので気をつける必要があります。オーダーカーテンを購入する時にはその事も考慮しておかないといけません。

間違って購入してしまうと横幅が長すぎたり、短すぎたりする事もあります。通常ひだが入る場合であれば、窓の横幅よりも長めにオーダーしておかないといけません。

オーダーカーテンを購入する人の中には間違ったサイズを購入してしまうという事が多い様です。一見単純そうに見えますが、注意して購入しないといけません。

サイズが合えば窓にぴったりのオーダーカーテンを購入する事もできます。

質感にこだわりたいオーダーカーテン

どんなデザインのオーダーカーテンかという事は、ネット通販でも確認する事ができます。しかし、生地の細かい質感については、分からない事もあります。

お金をかけてオーダーカーテンを買う時には、質感まで確認しておきたい事もあるでしょう。

購入を検討しているオーダーカーテンがお店でも売られている場合には、お店で実物を見た上で購入するといいでしょう。また生地の見本を送ってもらえる場合には、そのサービスを利用した上でオーダーカーテンの購入を最終的に決定するといいでしょう。

できるだけ実物を見た上で、オーダーカーテンを注文する事によって大失敗をしてしまうという事は回避する事ができるでしょう。

イージーオーダーとフルオーダーが選べるオーダーカーテン

一口にオーダーカーテンと言っても二つに大別することができます。一つはある程度絞りこまれた種類の中から自分の好みで組み合わせてオリジナルのカーテンに仕上げてもらうというイージーオーダーカーテンです。

もう一つは生地の種類や色合い、糸の色など細部の細部まで自分で選ぶフルオーダーカーテンです。

多くの場合前者の方が安価でオーダーメイドのカーテンを仕上げることができます。後者は前者に比べ価格は高くなってしまうものの、細部までこだわれるので一点もののオーダーメイドに仕上げることができるだけでなく、寸法も細かく指定することができるのでより部屋にあったものにする事が可能です。大阪や神戸などにもオーダーカーテンのお店はありますし、ネットでも受け付けている場合もあります。

一度は試したいオーダーカーテン

カーテンをオーダーしたいと思った場合、国産のものから、世界的ブランドのもの、さらに雑貨やファッションに関するメーカーによってデザインされたものなど、幅広いジャンルでの取り扱いも期待できます。

オーダーカーテンにこだわりを持つことで愛着が沸き、長く使用できるでしょう。大阪や神戸などには希望を叶えてくれる店舗が数多く存在しています。

個人宅での設置の場合、無料で自宅まで出張訪問してもらえる業者もあります。カーテンの大きさを採寸して、完成までの期間や費用について見積もりを出してもらえるため、複数の選択肢から選ぶことも可能です。

オーダーカーテンは依頼の状況による

早くオーダーカーテンを手に入れたいと思っている方も多いのですが、オーダーカーテンというのは作ってくれるまでに時間がかかるために、どうしても待たなければなりません。

待っている間は、いつになったら完成するのかと思ってしまいますが、他のカーテンの製造をしながら行っている傾向もありますので、どうしても時間がかかるのは仕方ないのです。

もしカーテンを作って欲しいと思っているなら、早い段階で依頼を出すようにしたり、空いているタイミングを狙ってみるといいでしょう。意外と空いている時には、連絡を入れると対応がスムーズになります。

オーダーカーテンについての関連情報