目次

  1. オーダーカーテンの素材を選ぼう
  2. 希望のオーダーカーテンを伝える
  3. 出張採寸を利用したいオーダーカーテン
  4. オーダーカーテンでインテリアにこだわろう
  5. 大学・官公庁
  6. ワンランク上のオーダーカーテン
  7. オーダーカーテンに風水を取り入れる

オーダーカーテンの素材を選ぼう

オーダーカーテンの素材の選び方にこだわることで、各自のニーズを満たすことが可能となります。

最近では、通気性や遮光性の高いカーテンに注目をしている人が増えており、各店舗の取り扱い商品のメリットを理解することがとてもおすすめです。

また、高級な素材が用いられているオーダーカーテンの購入のタイミングについて迷っていることがある場合には、顧客サービスの良い店舗の従業員と打ち合わせをすることがコツとして挙げられます。

その他、まずは最新式のオーダーカーテンの価格の移り変わりに目を向けることがポインとなります。

希望のオーダーカーテンを伝える

専門店の場合には、お店の人におすすめのオーダーカーテンを提案してもらう事ができますが、あまり気に入った物が見つからないという事がない様にするためにも、お店の人にどんなオーダーカーテンが欲しいのかという事について詳細を伝えましょう。

希望のオーダーカーテンを細かく伝える事によって、それに合った物を提案してくれる事でしょう。

オーダーカーテンは生地がたくさんあるのに対して、お店の人が提案してくれる物というのは、かなり数が限られてしまいます。ですので、いかにしっかりと希望のオーダーカーテンを伝えるかという事は、結果として欲しい物が手に入るかどうかという事に大きく関係します。

出張採寸を利用したいオーダーカーテン

窓の採寸を正確に行う自信がないという時には、出張採寸を利用してオーダーカーテンを購入するといいでしょう。

高い品質をオーダーカーテンに対して求めている人が多いので、出張採寸を利用して、プロにピッタリの物にしてもらう事ができれば、きっと満足する事ができるでしょう。

せっかくいいオーダーカーテンを購入しても、サイズで失敗してしまうと、非常にもったいないので、ミスがない様に注意しましょう。

また初めてオーダーカーテンを買う場合には、どんな点に注意すればいいのか分からない事もありますが、プロの意見を聞いた上で買う事ができるでしょう。本当にいいと思えるオーダーカーテンを買いましょう。

オーダーカーテンでインテリアにこだわろう

自分の自分の思い通りのカーテンを作成したい方にもってこいなのがオーダーカーテンです。大きく分けてイージーオーダーとフルオーダーの二パターンがあります。

まず前者のイージーオーダーカーテンはある程度絞り込まれた選択肢の中から、自分で組み合わせて作るものです。選択肢の中から選ぶという性質上自由度は低いですが、その分お値段も安くつきます。

後者のフルオーダーカーテンは生地や色などはもちろんのこと、糸の色のような細部までこだわれます。寸法も随分細かく指定できるようです。大阪や神戸など多くのお店で受け付けているようで、ネットで注文できる専門店もあるようです。

大学・官公庁

大学・官公庁関連のリンク

ワンランク上のオーダーカーテン

オーダーメイド品は洋服などがイメージされますが、カーテンにおいてもオーダーすることができます。

最近増えているオーダーカーテンは、自分の部屋の寸歩に合わせられる事はもちろんのこと、デザインや機能性、生地感など多くのものから選ぶことが可能です。

カーテンについては市販でリーズナブルなものが増えていますが、耐久性やデザイン性など長い目で考えた場合においては、自分でオーダーしたカーテンの方が愛着もわきますし、長持ちすることがあげられるでしょう。その分費用や時間はかかりますが、自分にとっての特別なものが出来上がるでしょう。

オーダーカーテンに風水を取り入れる

最近では洋風の住宅が多くなり、カーテンを利用している家が昔に比べて急増していることがあげられます。

カーテンについては豊富な種類もさることながら、最近では寸法もさまざまになってきていますので、オーダーカーテンを依頼する人も増えてきています。

さまざまな種類のカーテンがありますが、中には風水を取り入れたカーテンもあります。窓の方角で色などを変えたりすることで、風水の要素を手軽に取り入れることができます。

また、運気を取り入れるポイントとしては毎朝しっかりと、カーテンを開け空気を入れ替えることも重要でしょう。

オーダーカーテンについての関連情報

更新日-2011年11月17日