カーテンレールの種類と設置時の注意点

家には必ず窓があり、窓があればカーテンが必要ですね。ただ単に光を遮る役割だけではなく、インテリアとして部屋全体の調和にも一役買ってくれますが、設置するにはレールが必要です。カーテンレールには2種類あり、機能性重視のものと、装飾性重視のものがあります。

機能性重視のものは一般的な分譲住宅や賃貸物件に最初から設置されているアルミ製などのものです。装飾性重視のものはインテリアとして見せるためのものです。木製や鉄、アルミなど様々な素材があります。

この装飾タイプのものを取り付ける際には、注意しなければならない点があります。まず、設置する壁にこれらの重量を支えるだけの強度があるかどうかを確認することです。なければ補強が必要になります。また、取り付けるスペースを考えたとき、エアコンなどとぶつからないように配置できるかということも事前に確認しておく必要があります。

リビングのカーテンの色の工夫

リビングはお客様をお迎えする部屋であり、家族の団らんの場所でもあります。リビングの窓は他の部屋に比べて大きいことが多いため、カーテンの色が与える影響は大きくなります。

先ずは、気持ちの落ち着ける色を選ぶようにします。リラックスできるように、なるべく淡い色が良いでしょう。部屋にある家具に色合いを合わせましょう。ベージュや緑は人気のある色です。

次に、部屋を広くみせることを視野にいれるのも大事です。そのためには、壁や天井との色の兼ね合いが大事です。壁の色よりもカーテンの明るさを抑えてみてください。部屋が広くなったように見えます。

裾に重りが入ったカーテン

窓を開けたままでカーテンだけを閉めていると、風によりカーテンがひらひらとした状態になる事もあります。また、横に広がってしまう事もあります。これらの問題を改善する目的でカーテンの裾の部分に重りが入っている物もあります。

裾に重りが入ったカーテンは閉めている時に、きれいに見えるのが何よりの特徴です。

カーテンを選ぶ際に美しさにこだわる場合には、この点についても注目するといいでしょう。また形状記憶の物もウェーブがきれいに見えるという事で多くの人に使用されています。また生地の見え方については、自宅の照明とも関係しています。引っ越しをする時や新しい物と交換する時にはこだわるのもいいでしょう。

カーテンの購入時における選択方法

部屋の模様替えや新居への引っ越しなどの際、カーテンも新調する方が多く見受けられます。インテリアショップなどで取り扱われている製品には、選択肢も多く、部屋のイメージや好みに合わせて選ばれるほか、インターネットでのオーダーも可能です。

設置環境や目的に応じた商品は、世界的に有名なブランドの生地などが使用されているものもあり、アイテム選びから発注の手続きまでをインターネット上で行えるようなシステムも整えられています。

複数のウェブサイトによって取り扱われているため、多くの商品から選び出せる点も嬉しい特徴です。

厚手のカーテンは定期的に洗おう

あまりカーテンを洗っていない人が多いのですが、予想以上に汚れている傾向もありますので、しっかり綺麗にしたいところです。洗うためには洗濯機を準備しなければなりませんが、家庭で用意できるもので十分対応できるケースが多いので、そこまで考えなくても大丈夫です。

カーテンを洗って干しておけば、汚れをしっかりと取り除くことができて、綺麗な状態でまた使えます。

厚手のものは特に気にした方がいいですし、何かの影響で汚れていることに気づいて、拭いているだけで効果がない場合もあります。思い切って洗濯機を使って洗ったほうがいいのです。

カーテンを利用して天蓋を作成

女の子であれば一度は憧れる天蓋付きのベッドは、インテリア性が強くおしゃれな雑誌などでも掲載されています。

天蓋付きのベッドを購入しようと思うと、思った以上に費用がかかることがあげられます。しかしながらカーテンを利用することでリーズナブルに天蓋を作ることが可能です。レースなどの薄手の生地であれば扱いやすいですし、数多くの生地がありますので部屋の雰囲気に合わせることもできるでしょう。

インターネットなどで検索すれば、天蓋の作成方法も記載がありますので、カーテンを使用しつつ参考にしながら作ってみてもいいでしょう。

カーテンについての関連情報