司法書士と弁護士と債務整理と相続と探偵と結婚式

債務整理を行うと、信用情報機関が収集、管理している個人の信用情報について、事故情報として登録されてしまいます。

その為、債務整理を行った直後には、クレジットカードを作成することができません。

何故ならば、クレジットカードを作成する際には、金融機関は、信用情報機関に申し込み者個人の信用情報を照会するからです。

その結果、事故情報が登録されていれば、審査においてその事故情報が理由となってクレジットカードの作成が拒否されてしまいます。

但し、この事故情報は債務整理が完了してから5年間経つと抹消されますので、債務整理完了から5年経てば、クレジットカードを作成することができます。