賃貸と不動産

賃貸契約を結ぶときには、契約期間を定めることがあります。

例えば、2年間は契約をするというように定めることが多いのです。このように、一定の期間は契約しなければならないという傾向は最近になって登場してきたものだといえるでしょう。

特に、フリーレントの契約をするときには期間を定めることが多いでしょう。定めた契約期間よりも早く解約したいというときには、違約金を支払わなければならないのが一般的です。

違約金の金額については契約をするときに決定しているでしょう。多くの場合には、契約書に解約に関する条項を定めているでしょう。

最終的にはそれに従わなければならないわけですから、契約書を確認することが先決です。一般的な傾向としては、違約金としては3ヶ月分くらいが妥当な金額だと考えられています。

最終的にはオーナーとの交渉になるわけですから、どれくらいが良いという決まりはありませんし、妥当な価格というものを計算するのは難しいのですが、3ヶ月くらいで交渉が成立することが多いために、これくらいが妥当だと考えられています。

ただ、国土交通省の定めた標準約款では、1か月分の賃料の支払いによって即時解約ができるという条項を見つけることができます。